アスロックNeoの「JIS Q 1000」に基づく「JIS A 5441」への自己適合宣言

平成15年6月20日に、JIS A 5441:2003「押出成形セメント板(ECP)」が制定されております。
弊社製品のアスロックNeoがこの規格に適合することについての表明方法は、平成17年10月1日に施行された「改正工業標準化法」により、次のいずれかを選択できるようになりました。

1.第三者機関による認証を受けてJISマークを表示する方法
2.自社でJIS規格に適合していることを証明する「自己適合宣言」の方法

弊社では、平成17年8月20日に制定されたJIS Q 1000:2005「適合性評価-製品規格への自己適合宣言指針」に基づき、以下のように自己適合宣言を実施・運用致します。

・一般財団法人建材試験センターでJISA5441:2003規格の内容に従ってアスロックNeoの試験を行い、規格への適合性を確認しています。
・この試験結果に基づき一般社団法人公共建築協会の「建築材料・設備機械品質性能評価事業」の評価書を取得しており、同協会が発行する「公共建築工事標準仕様書(建築工事編)」の内容に適合することを確認しています。
・JIS A5441:2003規格への適合性を維持するため、製造工場である埼玉工場と播州工場は、JIS Q 9001:2015の規格に従って構築した品質マネジメントシステムに基づく品質管理を行っています。

今後とも更なる品質保証体制の強化に取り組むとともに、顧客満足の一層の向上を図ります。

自己適合宣言書および支援文書(公共建築協会評価書)

イメージをクリックするとPDF形式でご覧いただけます。
他に支援文書として「アスロックNeo製作要領書」と「アスロックNeo製品検査成績書」を用意しております。必要に応じて、最寄りの弊社支店、営業所にご請求下さい。

自己適合宣言書
自己適合宣言書
公共建築協会評価書
公共建築協会評価書

ボードFS-NMの「JIS Q 1000」に基づく「JIS A 5430」の自己適合宣言

当社で製造しております抄造ボード類は、「繊維強化セメント板」としてJIS A 5430にて規定されております。
当社製造の抄造ボード類がこの規格に適合するかどうかについては、平成17年10月1日に施行された「改正工業標準化法」により、次のいずれかを選択できるようになりました。

1.第三者機関による認証を受けてJISマークを表示する方法
2.自社でJIS規格に適合していることを証明する「自己適合宣言」の方法

当社では、平成17年8月20日に制定されたJIS Q 1000:2005「適合性評価―製品規格への自己適合宣言指針」に基づき、当社抄造ボードのうち「FS-NM」について、JIS A 5430規格の「フレキシブル板」の規格に適合するものとして、自己適合宣言を実施・運用いたします。
「自己適合宣言」は、事業者自らがJIS製品規格に適合していることを宣言し、保証するものです。なお、JIS製品規格への適合を確実にするために社内基準に基づく品質管理を行います。

自己適合宣言書

イメージをクリックするとPDF形式でご覧いただけます。支援文書として「JIS自己適合宣言評価報告書」を準備しております。弊社住宅建材部にお問い合わせください。

自己適合宣言書
自己適合宣言書