ホーム > 採用情報 > 新着情報一覧 > 商品開発職インターンシップを開催しました!

新着情報

商品開発職インターンシップを開催しました!

2021.11.22


2021年11月5日(金)、6日(土)の二日間に渡って、商品開発職のインターンシップを開催しました。

一日目はオンラインで、当社や当社の商品の紹介と、開発職の入社二年目の若手社員が実際に開発に携わった商品について、どのような着想から商品が生まれたのか、また商品開発時に苦労したところなどの開発エピソードを話しました。

二日目は、埼玉県にある技術研究所に来ていただき、まず、小型押出成形機を使って当社の主力商品の押出成形セメント板の製造工程を一部体験してもらいました。
材料の投入から押出と切り出しを体験した後、破壊試験を体験して強度を調べました。

その後、昼食を挟み、新商品の企画を体験してもらいました。
3名一組のグループとなり、そこにアドバイザーとして当社の社員が1名参加して、新商品を考えてもらいました。そして、考えた新商品について、当社の開発部長が講評を行いました。

最後に、技術研究所の若手社員2名と開発部の若手社員1名を交えて座談会を実施しました。参加した学生からの仕事に関する質問や就活に関する質問などの様々な質問に対して、若手社員が自分の体験談などを話しました。

参加した学生は、非常に真面目に取り組んでくれました。今回のインターンシップに参加して、商品開発職について興味を持ってもらえると嬉しいと思います。





【参加した学生の感想】
O大学建築系学科3年生 Aさん
Q.インターンシップに参加しようと思った動機・きっかけを教えてください。
A.大学では設計士になる人が多く、そのような人たちのデザインの幅を広げる手助けをしたいと思ったためインターンシップに参加しようと思いました。

Q.インターンシップに参加してどうでしたか。感想を教えてください。
A.内容は少し難しく感じましたが、社員の方々がとても優しく、また企画に対する現実的なフィードバックをもらえたのでとても勉強になりました。

K大学建築系学科3年生 Bさん
Q.インターンシップに参加しようと思った動機・きっかけを教えてください。
A.外壁等の外装材に興味があり、研究内容も近いものだったため参加しようと思いました。

Q.インターンシップに参加してどうでしたか。
A.実際に押出成形セメント板の製造工程を体験出来たことがよかったです。また、こちらの質問に対して、丁寧に説明していただきました。


次回の開発職インターンシップは、2022年2月に開催予定です。
インターンシップへの応募はこちらまで


一覧へ戻る