ホーム > セキュリティポリシー

セキュリティポリシー

セキュリティポリシー

  • 基本方針

セキュリティポリシー

当社の経営活動において取り扱われる情報は、当社にとって経営的価値のある重要な資産です。

この情報資産を適切なリスク管理により、情報漏洩や不正利用等から保護します。
そして、安全かつ効果的に活用するとともに社会的信用を確保することで、顧客の信頼と満足を高めて当社のブランドイメージを安全かつ安心なものにします。

当社は情報に対する適切なリスク管理を重要な経営課題として認知し、「情報セキュリティポリシー」を策定します。
この基本方針は、当社において情報を利用する当社の役員、社員及びその他の従業員が情報セキュリティを確保するにあたって遵守すべき指針を定めるものです。

基本方針
社会的信用の確保
顧客及び第三者の情報を含む情報資源は、漏洩、盗聴、ウィルス感染等によって顧客及び第三者に損害を与えないように適切に制御します。
情報資源の保護
当社における情報資源は、情報の破壊、漏洩、盗聴、改ざん、ウイルス感染等の脅威から保護するために適切な管理を実施します。
セキュリティ制御体制の確立
セキュリティ対策を実行、制御し、施行されるセキュリティ対策を、企業風土として定着させるために管理体制を明確にします。
企業情報倫理対策の実施
情報資源は、承認されたビジネス目的のためだけに効率良く使用し、また、そのために必要最低限の情報倫理対策を講じます。
情報セキュリティの評価と見直し
定期的なセキュリティ監査の実施により、情報セキュリティポリシーの遵守状況を評価します。また、その評価結果に基づき情報セキュリティ対策を万全にするように情報セキュリティポリシーを見直します。
情報セキュリティポリシー遵守の徹底
当社の役員、社員及びその他の従業員は、情報セキュリティ意識の向上のため教育啓蒙活動に取組み情報セキュリティポリシーに基づいて行動します。これに違反した場合には、就業規則の規定により懲戒します。

以 上

2004年4月1日制定
株式会社 ノザワ
代表取締役社長 野澤 俊也