ノザワグループの歴史 <会社の歴史>

1897年~1930年代
1940年〜1950年代
1943年(昭和18年) 2月 初代・野澤幸三郎が逝去。専務取締役・野澤卓一が二代目・野澤幸三郎を襲名、取締役社長に就任。  
1948年(昭和23年) 11月 東京スレート工場が操業を開始。  
1949年(昭和24年) 4月 社名を野澤石綿セメント(株)に改称。
大阪証券取引所に上場。
社名を野澤石綿セメント(株)に改称。大阪証券取引所に上場。1949年 大阪証券取引所に上場
1953年(昭和28年) 4月 東京蒲田にスレート工場を建設。東京スレート工場を合併。  
1957年(昭和32年) 3月 ノザワトレーディング(株)を設立。  
1959年(昭和34年) 11月 マレーシアに合弁会社マラヤン・ノザワ・アスベスト・セメント株式会社を設立。 マレーシアに合弁会社マラヤン・ノザワ・アスベスト・セメント株式会社を設立。
1959年 マレーシアに会社を設立
1960年〜1970年代
1980年〜1990年代
2000年〜2010年代
2010年〜現在